SOHOのプログラマー

 低予算でソフトウェアを作ろうとしたとき、「SOHOのプログラマーに頼もう」という発想になる方は少なくありません。弊社も少人数で運営している零細企業ですのでSOHOの範疇に含まれます。今回は、SOHOのプログラマーに開発を依頼するとはどういうことなのか、どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのか、発注するとすればどのようにすればよいのかについて考えてみたいと思います。

■ SOHOのプログラマーに開発を依頼するということ

 SOHOの正確な定義を試みることはここでは避けますが、確実にいえることは、SOHOというのは小規模事業者だということです。小規模事業者の場合、(いろいろな意味での)体制が完備されているわけではなく、結果として大手ほど至れり尽くせりのサービスを期待することはできません。これは弊社についても当てはまります。

 一方で、小規模事業者であるが故に担当者と経営者との距離が近く、担当者と経営者が同一人物であることさえ多々あります。結果として、意思決定が早く、お客様のご要望やご相談に柔軟に対応することが可能になります。また、間接部門が少ないため、一般的には大手よりは安価になる傾向もあります。

 SOHOに頼めば大手より安価になる傾向はありますが、だからといって単純に何分の一かの予算になるというものではありません。先ほども書いたように、ある程度規模の大きな企業では、工数単価のうちの半分縲鰀3分の2が間接部門のコストだったりします。その点、SOHOであれば、間接部門のコストは3分の1以下になります。間接部門のコストが半分を占めている企業に比べると、単純計算で75%程度の費用で済むわけです。

 ただし、SOHOでやっていけるプログラマーというのは、ある程度大きな企業で、歯車の一つとして働いているプログラマーより優秀でなければ務まりません。だとすれば、平凡なプログラマーと優秀なプログラマーを単純に比較することには無理があります。結論としては、SOHOに頼んだとしても、単価が大幅に安くなることは期待すべきではありません。

 しかし、SOHOの場合は柔軟な対応が可能です。何とか安価に済ませたいと相談されたお客様に対しては、相応の提案が可能になります。大手であれば決して採用することができないような選択肢であっても、SOHOであれば思い切って取り入れることができます。これは、担当者と経営者の距離が近く、担当者の裁量で決定できる範囲が広いからこそできることなのです。そして、正攻法ではそれほど安価にならないようなケースでも、まったく別のアプローチでほぼ同様の結果を導くことが可能になります。

■ こんなSOHOに頼んではいけない!

 SOHOであれば柔軟な対応ができるということを書きました。しかし、SOHOであれば常に柔軟な対応ができるかというと、決してそんなことはありません。柔軟な対応を行うには、それ相応の提案力がなければ無理なのです。仮に、プログラマーとしては優秀であっても、提案力がなければ硬直化した仕事しかできないでしょう。これは、プログラマーに限らず、デザイナーやその他の業種・職種でも同じことがいえます。

 また、プログラマーとしても優秀であり、提案力もあるSOHOであっても、あまりにも信頼性が低いところがあるのも事実です。そのようなところに発注すると、途中で音信不通になったり、連絡は取れたとしても仕事を投げ出されたり、その他さまざまなトラブルにつながります。これらは、ごく稀にしか起きない例外的なケースではありません。多くのSOHOと関わっていると、日常的に発生することなのです。

 具体的に、発注を控えた方がよいケースを挙げておきましょう。

  • 実名、住所、電話番号、メールアドレス等を公開していない(問い合わせれば回答するというのではダメです)。
  • 「何でもやります」と主張し、得意分野が明確でない。
  • 一人暮らしであり、かつ一人で活動している。
  • 異常に安い。

 チェックポイントはこれだけではありませんが、上記に該当するSOHOを避ければ、トラブルをかなり回避することができるかと思います。特に、最初に挙げたことは重要で、自分がどこの誰なのか、自サイトでもマッチングサイトのプロフィールでもかまいませんが、明確にしていることが重要です。問い合わせれば教えるSOHOも多いのですが、まともな業者のやることではありません。

 一人暮らしであることは、それ自体が必ずしも悪いことではないのですが、もし交通事故に遭うなどのトラブルが生じた場合、まったく連絡を取ることができなくなってしまいます。いくら不可抗力とはいえ、発注側とすれば非常に困ったことになることに変わりありません。こうした危機管理能力もSOHOには必要だということです。

 異常に安いSOHOも考えものです。きじねこソフトウェアも異常に安い料金設定をしていますが、代わりに厳しい制約を課しています。このように、安くても、その料金設定に正当性があればよいのですが、単なるダンピングを行うようなところはまともな業者ではありません。おそらく、遊び半分か、主婦の小遣い稼ぎ程度の意識で取り組んでいる可能性が高いのではないでしょうか?